次世代認定マーク(愛称:くるみん)

株式会社九州ソフタスは、平成23年4月1日~平成26年3月31日に定めた目標を達成、認定基準を満たしたことから、2014年6月、厚生労働省熊本労働局より、次世代育成支援対策推進法第13条に基づく基準適合一般事業主に認定され、次世代認定マーク(愛称:くるみん)を取得しました。


社員が仕事と子育ての両立させることができ、社員全員がその能力を十分発揮できるようにするために行動計画を策定、推進してきました。


今後も、仕事と子育てとの両立を支援する職場環境づくりを推進していくとともに、社員一人ひとりがより活躍できる柔軟な働き方の整備やワークライフバランスの実現をめざします。


1 計画期間:平成23年4月1日から 平成26年3月31日までの3年間(第2期)

2 内  容:

目標1 職場環境及び雇用環境の整備

・計画期間中に育児休業の取得状況を、男性は取得者1人以上、女性は取得率80%以上とする。
【対策】
平成23年4月~  育児休業制度の社内周知及び管理職に対する研修の実施
平成23年8月~  休業取得者に対する相談窓口の設置
平成25年3月~  育児休業の取得希望者を対象とした講習会の実施

目標2 育児休業期間の延長

・子が3歳になるまで育児休業を取得できる制度を導入する。
【対策】
平成25年1月~  労働者の具体的なニーズを調査、制度の検討開始
平成25年3月~  新制度についての管理職を対象とした研修を実施
平成25年4月~  制度の導入、社内グループウェアを活用した周知・啓発の実施

目標3 年次有給休暇の取得率向上

・年次有給休暇の取得日数を1人当たり平均年間5日以上とする
【対策】
平成25年1月~  年次有給休暇の取得状況について実態を把握
平成25年5月~  計画的な取得に向けた管理職研修の実施
平成25年9月~  有給休暇取得予定表の掲示や、取得状況のとりまとめ
などによる取得促進のための取組の開始
   

■くるみんマークとは■
厚生労働省が「子育てサポート企業」として認定した企業に付与するマーク。
赤ちゃんが大事に包まれる「おくるみ」と、「職場ぐるみ・会社ぐるみ」で子供の育成に取り組もうという意味が込められています。


平成24年7月7日(月)にくるみんマーク授与式に出席しました。その時の様子はこちら